iPhone修理時のバックアップ

iPhone修理をする場面としては、本体破損や操作不能といった不具合があります。修理をする際には費用や手続きにかかる時間など気になることも多いと思います。そのなかでも修理費用については店舗によっても異なるため、お店選びの基準にしている方も多いでしょう。

しかし、iPhone修理を依頼する前には修理費用以外にも注意することがあります。それが本体に残っているデータの引継ぎについてです。修理をするときには本体が治るかどうかに意識が取られがちですが、内部のデータを引継げるかどうかも考えておきましょう。本体とは別にデータを保管している場合には、修理によって内部のデータが消えてしまっても復元することができます。しかし、本体にしかデータが残っていない場合は、修理を依頼するお店も変わってくるのです。

このサイトではiPhoneのバックアップ方法やバックアップが取れない状態での対処方法を紹介します。これから修理を依頼する方でバックアップが取れていないという方は参考にしてみてください。本体が直っても内部の写真や動画、アプリなどのデータが消えてしまっては満足に使うことは難しいでしょう。仕事でiPhoneを使っている方では、連絡先が消えてしまうことで取引に影響が出ることもあります。バックアップを一度行っておけば、こうした問題は防ぐことができます。また、業者によっては内部のデータを消さずに修理をしてくれるところもあるため、確認しておきましょう。